モンベルショップが山口県に上陸!

0
    ついに待望のモンベルショップが我が山口県にオープンしました!

    モンベルファンの私としては長年待ちわびていた今日の日!笑笑

    いつもは広島まで出張モンベルでしたが、ようやく車で40分ほどのところにオープンです。
    しかも郊外にできたこの店舗は敷地面積も広く、カヌーの体験ができる池や、クライミングウォールを併設してるんです!さらに、カフェとレストランとパン屋さんが一つになったお店も並んであるんです!

    今日は偶然にもお店近くで仕事の打合せがあったもので、寄ってみました!




    ちょうどお昼時だったので…



    今度は休みの日にでもゆっくり行ってみようかと思います!


    折り畳めるトング

    0

      折り畳めるトングです。

      ズボンのポケットにも入ります。





      屋根型ランタン

      0
        ひょんなことからビンテージ物のアウトドアグッズを手に入れた!

        屋根型ランタンだ!

        と言ってもピンと来る人は少ないと思う。


        屋根型ランタンとは簡単に言うと屋根の付いたキャンドルランタンのことで、今から約50年くらい前に流行ったものらしい!


        パッケージも時代を感じさせるものですね!
        こっちが裏面。
        箱の蓋の留め方がなんとも懐かしいですね。


        で、付け加えると、屋根型ランタンは当時、エバニュー社とトップ社とホープ社の3社から販売されていたようで、私の手元にやってきたのはもう今はなきトップ社の物です。
        ホープ社も今はなくなってしまったようで、ホープ社のランタンは屋根がブルーでとても希少なものらしいのです。

        さっそく箱から出してみます!



        折りたたみ式のとてもコンパクトなランタンです。



        ここからロウソクに点火するのでしょうか?


        とりあえず家にあったロウソクを入れてみました。


        このランタンのガラスのような部分は雲母(マイカ)と言って天然の鉱物でできているんです!

        とても優しい光でとても癒されますね!
        早くキャンプデビューさせたいです!


        スタッフ2号

        ザックを塗っちゃいました

        0

          JUGEMテーマ:アウトドア!

          20年前に買ったミレーの登山用ザック!
          もう寿命を過ぎ、捨てようにも捨てられず倉庫で眠っていました。荷室内は加水分解してちょっとネトネトしますが、これは重曹を水に溶かしたものでつけおき洗いして解消!

          そして外見をブッシュクラフトのキャンプ用にイメージチェンジ!
          塗っちゃいました!笑笑


          Before

          塗装のために養生します。

          塗料です。
          アクリルウレタン樹脂塗料です。

          After

          かっちょいい〜!
          スタッフ2号


          アウトドアなガチャ

          0
            ゴールデンウィークも終盤。
            子供達の希望で広島に買い物に出かけた!

            日頃、見かけたことのないガチャを発見!

            大好きなアウトドアシリーズだ。







            買ったかどうかは…

            スタッフ2号

            バイヤーコット

            0

              久々のリサイクルショップ散策


              掘り出し物が沢山ありました。




              中でも最高なのはバイヤーのコットです。

              新品同様で¥5.980 2台あったのでどちらもお買い上げしました。

              即、組み立て

              しっかりとネームもはいっています。

              別に組み立てには、コツはありません。

              強いて言えば、脚を組み立てるときに少し力がいることことでしょうか? 最近のコットは組み立てが楽になっていますからね。

              寝た感じは、沈み込みも少なく心地よいです。(枕は必需?)

              でも、バイヤーのコットがこの値段なら最高の掘り出し物と思います。


              上記の2バーナーも気になっています。


              OD缶の寒さ対策!

              0
                今日、10月8日は二十四節季でいう「寒露(かんろ)」
                秋分から数えて15日目頃。
                晩夏から初秋にかけて野草に降りる冷たい露のことをいい、本格的な秋の始まりです。

                その暦通り、今朝は足元の草は夜露で濡れていました。

                さて、本格的な秋を迎え登山には最高の季節となってきましたね!紅葉もどんどん進み、標高の高いところではもうすでに赤らんだ山々を楽しむことができるのではないでしょうか?

                私も今週末、山口県より「くじゅう連山」へ山旅に出かけてこようと計画しています。
                予定では長者原より山に入り、坊ガツルでテント泊。そこでゆっくり過ごすつもりなんですが、坊ガツルは標高1300mを超えるキャンプ地。10月中旬の気温は、夜間早朝では氷点下になることも予想されます。
                そこで、いろいろなリスクを考えながら登山の準備を進めていると、ガス器具の寒さに対する弱さが考えられるんです!
                じゃあ、「ガソリン燃料のバーナーを持っていけば」という考えもあるんですが、そこまで気温が下がる訳でもないし、ガソリンバーナーは重量もあり、かさ張るし…というわけで今回はガス(OD缶)の寒さ対策を検討してみます。

                なぜ、ガス器具が寒さに弱いかというと、ガスが気化する際の気化熱が奪われることによってガス缶自体の温度が下がってしまいます。ガス缶が冷たくなると中の液体ガスが気化できなくなり、急激に火力が弱まってしまうのです。
                こういう時はガス缶自体を手で温めてやるか、カイロやお湯を使って温めてやると火力が復活するのですが、調理しながらのこういう作業はちょっと難しいですよね!
                そこで、こんなもの使ってみようかと!
                モンベル ガスカートリッジソックプロテクター


                ガスカートリッジを衝撃や冷気から保護するためのプロテクターです。
                素材は手触りの良いネオプレンで出来ていて、保水しないため雪の上に直接おいても凍りつくことも無いようです。
                早速、開封!はめてみました。

                サイズは250のOD缶用と110のOD缶用の2種類。登山用なので私は小さいOD缶の110用をチョイス!




                ジャストフィット!
                このプロテクター自体に発熱機能があるわけではないので、どこまでその効果に期待できるかわかりませんが、少なくとも外気との遮断効果や衝撃に対する効果はありそうですね!
                それとやっぱり、見た目がカッコいい〜!

                また、使用感はご報告します!
                では。

                スタッフ2号

                mont-bellのフライパン

                0

                  先月、くじゅうの坊ガツルでテント泊登山をした際に

                  歩き疲れた体に栄養補給をするため、ちょっと高価なお肉を

                  持って行ったのですが、調理するコッフェルが小さいために

                  焼肉にしようと思っていたお肉が牛丼の様な煮詰めたお肉に

                  なってしまったのです。(笑)

                  IMG_7701.jpg

                  そこで、山用にフライパンを購入することに!

                  私の求めるフライパンの条件!(笑)

                   1,コストパフォーマンスの良いこと

                   2,とにかく軽量であること

                   3,直径18cm以上

                   4,フライパンの性能(焦げ付きにくい加工)

                   5,多少深さがあり、鍋としても使えること

                  こんな感じで探してみたところ、

                  やっぱり私の好きなmont-bellさんにたどり着きました!

                  さっそく現物を見たく、広島のモンベルショップに行ったのですが

                  なんと売り切れ!20cmサイズが欲しかったのですが、小さいサイズの16cmしかなく、それでも、それで現物確認はできたので良しとします!

                  全国的にも在庫が少ないらしく、早速発注しました。

                  翌々日、送られてきました。

                  さすが、mont-bellさんはこういう手配は迅速ですね!

                  IMG_7888.jpg

                  開封!

                  メッシュの収納袋入り!

                  IMG_7890.jpg

                  シンプルでスタイリッシュ!

                  IMG_7891.jpg

                  折りたたみ式のハンドルはシリコン巻で熱さには

                  対応できそうですね!

                  IMG_7892.jpg
                  フライパン表面はフッ素加工で焦げ付き防止には

                  期待できそうです。

                  IMG_7894.jpg

                  そして、重量はなんと255g!!

                  私の条件を満たしたこのフライパン!

                  使うのが楽しみです!何をつくろうかな〜!

                    スタッフ2号


                  テント泊登山で使うタープ

                  0

                    テント泊登山で使うタープを検討!

                     

                    先日、くじゅうの坊ガツルでテント泊した際に、

                    登山のテント泊では初めてテントにタープを組み合わせて張りました。

                    IMG_7590.jpg

                     

                    実はこれ、タープではなくてLOGOSのレスキューシート(オレンジ)なんです。

                    なので、四隅に鳩目の穴があるだけで、タープとしてはいまいち使い勝手が悪く

                    写真のように風の影響を受けやすい張り方しかできませんでした。

                    でも、これはこれで屋根があるという安心感とランタンをぶら下げることのできる空間の確保が

                    できてとても良かったのです。

                    IMG_7620.jpg

                     

                    ということで、ここから本題!

                    山に持っていくタープ探しです。
                    各メーカーからいろんなタープが出ていますが、私の求める条件は・・・

                    .灰好肇僖侫ーマンスの良さ

                    ⊂さいこと

                    7變未任△襪海

                    じた目のかっこよさ

                     

                    候補にあがったのは

                    MSRスルーハイカー70ウィング

                    yjimage.jpg

                    スノーピーク ペンタ

                    STP-381_switch1_515Wx515H.jpg

                    モンベル ミニタープ(ヘキサ・ウィング)

                    yjimageXL4G86M3.jpg

                    yjimageN8P93UU3.jpg

                     

                    と、いろいろあるわけどすが、もっとコンパクト(軽量)にと探していると

                    発見しました!

                     

                    モンベル ツェルトフライシート

                    c_1122273_spgn.jpg

                    本来はツェルトのフライシートとして使うのですが、これなら普通にタープとして

                    使えそうな気がして購入しました。

                    スペックは以下の通り

                     サイズ:200×220cm

                     素材:30デニール・ナイロン・リップストップ

                     耐水圧:1,000mmm ウレタンコーティング 難燃加工

                     

                    このスペックなら申し分ないですね!

                    しかも、その重量は 269g 驚くほど軽いですね!

                     

                    大きさもペットボトル程度

                    IMG_7828.jpg

                    と、ここで少しだけこのシートに手を加えてみようと思います。

                    このシートの張綱は6カ所。付属の白い張綱を反射材の付いた

                    細引き2.5mmの緑色のロープに取り替えます。

                    モンベルショップで切り売りしてます。15m購入。

                    IMG_7870.jpg

                    ロープを110cmずつに切断。切り口はライターで焼いて処理します。

                    そして、端部に自在金物(モンベル:アルミランナーミニ)

                    IMG_7880.jpg

                    IMG_7881.jpg

                     

                    次に、ポールを立てたときに引っ張る張綱を作ります。

                    この張綱は最初から付属していませんのでご注意を!

                    IMG_7882.jpg

                     

                    タープの6カ所にもやい結びで取り付けます。

                    IMG_7883.jpg

                    IMG_7884.jpg

                     

                    これで完成!

                     

                    まだ、実際に張っていないので、またレポしますね。

                     

                    では。

                     

                       スタッフ2号

                     

                     

                     


                    PEAKS9月号 おまけ

                    0
                      またまた「おまけ」につられちゃいました!

                      先日買ったBE-PALに続いて興味をそそるおまけ付きのPEAKS9月号です。


                      早速、開封!


                      ミニフライパンと書いてあります!
                      材質はステンレスで比較的肉厚。
                      取手もワイヤータイプでカップの縁に巻き込んであり丈夫で熱くなりにくそう。
                      大きさは直径約13cm 重さは約100g
                      容量は約260cc〜270ccですね!

                      さてさて、どういう使い方をしようかな?とりあえず、登山のお供に入れておくとなにかと便利かも…

                      おまけに弱い…

                      スタッフ2号

                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      おじさん達の天気予報

                      建築現場

                      アウトドア

                      キャンプ

                      登山

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM